1985年 22歳 日産 スカイライン
1986年 23歳 日産 フェアレディZ
1988年 25歳 ビュイック センチュリー
1989年 26歳 BMW 316シリーズ
1990年 27歳 日産 フェアレディZ
1991年 28歳 メルセデス・ベンツ 300E AMG
1991年 28歳 マツダ ファミリア
1994年 31歳 ユーノス ロードスター
1997年 34歳 メルセデス・ベンツ C200
2000年 37歳 メルセデス・ベンツ CLK200
2003年 40歳 メルセデス・ベンツ SL350
2003年 40歳 トヨタ セルシオ
2004年 41歳 アウディ AS3
2004年 41歳 フォルクスワーゲン ゴルフ
2006年 43歳 メルセデス・ベンツ S350
2008年 45歳 メルセデス・ベンツ C180 コンプレッサーステーションワゴン
2011年 48歳 メルセデス・ベンツ E350 ブルーテックステーションワゴン
2012年 49歳 トヨタ FJクルーザー
2015年 52歳 日産エルグランド
2018年 55歳 メルセデス・ベンツ CLS220d
2018年 55歳 メルセデス・ベンツ GLC220d sports RHD
新日本プロレス道場時代、寮長になってすぐ、教習所へ通ったんだ。
最初に買った車は、姉貴から買った中古のスカイライン。その次は日産フェアレディZ。それも中古。
当時は金もないからローンを組んでね。でも寮長だったから自由な時間も出来て、結構ドライブも楽しんでいたら、
海外切符を貰って武者修行へー
1987年アメリカ・カンサスを拠点に活動するだけど、とにかくアメリカはクルマがないと何もできない。
レスラー自らハンドル握って、会場に向かって、試合を終えると運転して帰るというのが当たり前。
当時3,500ドルくらいで買ったのが、ビューイック・センチュリー。5,6年落ちの中古車。
アメリカは走る距離が日本と違うので、エンジンオイルをこまめに変えろよ!と周りのレスラーたちからアドバイスを受けたよ。

その後、活動拠点をアメリカからカナダ東海岸・ノバスコシアの町へ。
2日間かけて3,000㎞も走ったんだけど、ビューイックはしっかり走ってくれた。
カナダは広いので、ひとつの町で試合するにも移動が大変!隣町の試合会場までは600~700kmドライブして、1泊する感じ。
500km圏内だと往復1,000km圏内だから日帰りで戻ってくるというパターンだったね。
当時、カナダはお酒飲んでよかったんだ(笑)。試合を終えて、何もない真っ直ぐな道をひたすら走って帰るー。
途中、鹿やいろんな動物が飛び出してくるから、実は危険!(笑)。

真っ暗な深夜の道をクルマのライトだけで走ってね。試合のことや将来のこと…
ドライブしながら色んな事を考えたり、孤独を感じたり…。そういうドライブが好きだっだなあ。
その後、カナダからアメリカ南部アラバマに転戦するだけど、ここでも試合するために1日300~400㎞は走ったね。
今、振り返っても、ビューイック・センチュリーはしっかり、走ってくれたね、途中もよくも壊れずに!

次回に続く… Coming Soon!
Copyright © The 11th Osaka Motor Show. All Rights Reserved.

1985年 22歳 日産 スカイライン
1986年 23歳 日産 フェアレディZ
1988年 25歳 ビュイック センチュリー
1989年 26歳 BMW 316シリーズ
1990年 27歳 日産 フェアレディZ
1991年 28歳 メルセデス・ベンツ 300E AMG
1991年 28歳 マツダ ファミリア
1994年 31歳 ユーノス ロードスター
1997年 34歳 メルセデス・ベンツ C200
2000年 37歳 メルセデス・ベンツ CLK200
2003年 40歳 メルセデス・ベンツ SL350
2003年 40歳 トヨタ セルシオ
2004年 41歳 アウディ AS3
2004年 41歳 フォルクスワーゲン ゴルフ
2006年 43歳 メルセデス・ベンツ S350
2008年 45歳 メルセデス・ベンツ C180 コンプレッサーステーションワゴン
2011年 48歳 メルセデス・ベンツ E350 ブルーテックステーションワゴン
2012年 49歳 トヨタ FJクルーザー
2015年 52歳 日産エルグランド
2018年 55歳 メルセデス・ベンツ CLS220d
2018年 55歳 メルセデス・ベンツ GLC220d sports RHD
新日本プロレス道場時代、寮長になってすぐ、教習所へ通ったんだ。最初に買った車は、姉貴から買った中古のスカイライン。その次は日産フェアレディZ。それも中古。当時は金もないからローンを組んでね。でも寮長だったから自由な時間も出来て、結構ドライブも楽しんでいたら、海外切符を貰って武者修行へー
1987年アメリカ・カンサスを拠点に活動するだけど、とにかくアメリカはクルマがないと何もできない。レスラー自らハンドル握って、会場に向かって、試合を終えると運転して帰るというのが当たり前。当時3,500ドルくらいで買ったのが、ビューイック・センチュリー。5,6年落ちの中古車。アメリカは走る距離が日本と違うので、エンジンオイルをこまめに変えろよ!と周りのレスラーたちからアドバイスを受けたよ。

その後、活動拠点をアメリカからカナダ東海岸・ノバスコシアの町へ。2日間かけて3,000㎞も走ったんだけど、ビューイックはしっかり走ってくれた。カナダは広いので、ひとつの町で試合するにも移動が大変!隣町の試合会場までは600~700kmドライブして、1泊する感じ。500km圏内だと往復1,000km圏内だから日帰りで戻ってくるというパターンだったね。当時、カナダはお酒飲んでよかったんだ(笑)。試合を終えて、何もない真っ直ぐな道をひたすら走って帰るー。途中、鹿やいろんな動物が飛び出してくるから、実は危険!(笑)。

真っ暗な深夜の道をクルマのライトだけで走ってね。試合のことや将来のこと…ドライブしながら色んな事を考えたり、孤独を感じたり…。そういうドライブが好きだっだなあ。その後、カナダからアメリカ南部アラバマに転戦するだけど、ここでも試合するために1日300~400㎞は走ったね。今、振り返っても、ビューイック・センチュリーはしっかり、走ってくれたね、途中もよくも壊れずに!

次回に続く… Coming Soon!
Copyright © The 11th Osaka Motor Show. All Rights Reserved.